• ホーム
  • 注文住宅で間取りを決めるためのポイントを解説します

注文住宅で間取りを決めるためのポイントを解説します

きれいなマンション

新築住宅と中古住宅での、最大の違いはやはり間取りを自由に決められる点が大きいことです。もちろん元が展示住宅だったり、建売だったりなどで間取りを自由に決められるわけではないケースもありますが、新築を購入するならやっぱり注文住宅で好きに自分の生活空間を作れるというのは大きなアドバンテージと言えます。ですが注文住宅だからと、目新しい言葉や業者の勧めるがままに聞こえの良い他者も利用している流行りという物に流されては、後に大きな不具合を覚えることも少なくありません。

最近よく耳にする言葉としては、対面キッチンやウォークインクローゼットなどは便利だとかあこがれると聞くことがあります。実際、ウォークインクローゼットは便利です。時季外れの衣類をゆったりとしたスペースで皺を作らずに保管でき、通常クローゼットよりも多くの衣類を保管できますし、通常のクローゼットとほぼ同じ感覚で服を見られるので着たい服を探すのには手間取りません。ですが、当然そのスペースを取るためには必ずどこかを小さくしなくてはならないことや、多くの服を小部屋に保管するということになりますので匂いや通気性の問題はしっかりと検討する必要があります。これに関しては自分の服の所持量、取り換える頻度などに合わせて考慮したり、実際にウォークインクロゼットを使っている主婦などのブログを参考にするのが得策です。

次に対面キッチンですが、こちらは実に便利だと言えます。というのは少し古めかしい家の、リビングとキッチンが離れている間取りですと、作った料理を置いておくスペースが必要ですし、運ぶ際には手を止める必要が出てきます。生活動線といった観点でもリビングとキッチンが別なのは意外と不便だったりしまし、子供がリビングで遊んでいたりする場合、年齢的に目を離せないというご家庭も多いですので、安心できる年になるまでは、リビングや子供が遊んでいる場所が手の放しにくい料理中に見えているというのは安心感があるものです。ただ、うまく間取りで敷居や区切りをつけておかないと、水や油などをリビング側にはじくこともありますので、これも利用者の声をブログや業者の方の意見から取り入れるのが賢明です。

あと、キッチンで考えておきたいものとしてはパントリーの有無ですが、パントリーと言われると聞きなれない人も多いかもしれません。これはキッチンに隣接した小部屋や小収納スペースで、料理などではいろいろな機材や食材を使うのは当たり前ですが、それを保管する場所って意外と困るものです。こういった収納スペースをうまくとることは、ほかの場所を便利に使えたり、広くとれるようになる重要なポイントなので、生活動線と合わせて、邪魔にならない場所の検討をお勧めします。